簡単にOGP設定できるWordPressプラグイン「WP-OGP Customized」

ogp

大きな企業から小さなショップまで、facebookページを開く会社や個人の方が増えています。

facebookページを開いたなら、WEBサイト側でのOGP設定は必須ですね。

[block]OGPとは、facebook、google+、mixiなどのSNSに向けたサイトの情報です。

WEBページにリンクをはったり、シェアされたときにOGPで設定された画像や説明が表示されます。

設定されていない場合はSNS側で自動で情報を表示するので意図しない説明になってしまったり、記事と画像がマッチしなくて格好悪いことになってしまったりします。

きちんと設定することで、WEBページや記事へのリンク表示が見栄えよくキマります。[/block]

OGPはheadに記述するのですが、ブログ記事を書くたびに設定するのが面倒だったり、コードの書き方が分からない方もいるかもしれません。

でも、WordPressでは便利なプラグインがありました!

私も最初は手動で設定していたのですが、このプラグインを使うことにしました。

 

WP-OGP Customized

こちらからzipファイルをダウンロードした後、WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>アップロード でzipファイルを指定してインストールします。

設定方法

管理画面>設定>WP-OPG Customizedを開きます。

1.fb:admins

facebookのIDを入力します。

http://graph.facebook.com/自分のユーザーネーム にアクセスしてIDを確認できます。

facebookページのIDにしたい場合はページアドレスの最後についているページネームにします。

 

2.fb:app_id

開発したアプリがあれば入力します。

 

3.カスタムフィールドのキー

og:descriptionのテキストをカスタムフィールドで設定する場合は、使用するカスタムフィールドのキーを入力します。

[block]og:descriptionとは、記事の説明文です。タイトルの下に表示される大事な項目です。[/block]

 

 

4.投稿の抜粋を利用

og:descriptionに指定するテキストに投稿の抜粋を利用するかどうかをチェックします。

 

5.テキストの抽出方法

表示するテキストの抽出方法を単語数、文字数から選べます。

日本語だと、文字数で切り取ったほうが良いですよね。

 

6.og:descriptionの最大単語(文字)数

抽出する文字数を任意で設定できます。

 

7.og:imageのタイプ

og:imageに使用する画像を選択します。

[block]og:imageは、SNSで記事の画像として表示されます。一番目立つものなので大事です。[/block]

Facebookのog:imageの仕様では、画像のサイズは最低で縦横50px以上、アスペクト比は最大で3:1と規定されているようです。

このプラグインでは、og:imageを記事中の画像から利用する場合、画像の縦横のサイズとアスペクト比を自動的にチェックして、規格に合わない画像は埋め込まれないようになっている、とプラグイン開発者の方のブログに書かれていました。

 

8.og:imageの最大数

記事中の画像を使う設定の場合、最大数を設定できます。

0を指定した場合は、記事中の画像が全て埋め込まれます。

 

9.必ずデフォルトの画像を利用

ここにチェックを入れると、記事中の画像の最後にデフォルト画像も含まれるようになります。

 

10.デフォルトの画像URL

デフォルト画像の設定をします。

 

11.自動的にogタグを埋め込む

ここにチェックを入れれば完了です。

 

[block]

プラグイン開発者の方のブログを参考に設定させていただきました。使いやすくカスタマイズしていただいて感謝です。

WordPressで簡単にOGPタグを実装できるWP-OGPプラグインを設定画面付きに改造してみた。

[/block]

 

OGP設定をしておけば、SNSでシェアされたときに記事の内容が分かりやすく、読んでもらえる率も上がるかもしれません。